やのひろです

気になるあれこれ

本 早起きリズムで脳を育てる

こんにちは、やのひろです。

今日読んだ本はこちら。

 

 

幼児教室に行くと必ず出てくる脳の話。

でもねー、これがどうも納得できないんです。

だから一度ちゃんと研究してる人の話を知ろうと思って読みました。

 

 

結果「あ、やっぱり?」ということばっかり。

幼児教室の言うことはやはり都合がよかった。

 

本が勧めてるのはとにかくちゃんと寝ること。

人間は昼行性だ、太陽が昇ったら起きて、日が沈んだら寝るんだ、と。

子育ての根性見せ所は寝る時間を守ることです!と。

この一言はかなり助けになりました。はい、そこに根性出します。

 

幼児教室行くと必ず出てくるのが右脳とシナプス

右脳を活性化させましょう、5歳までにシナプス繋げましょうって。

ただどうもこれの根拠が曖昧で、誰に聞いてもどうしても納得できなくて。

 

本には右脳の話は出てきませんがシナプスの話は出てきます。

それを大事にするためにも、ポイントはやはり生活リズムということで

あーその辺をすっとばして賢そうなとこだけ抜いて話されてたんだなと理解しました。

 

だってさ。フラッシュカードやると子供がぽかんとするんだもん。

 

フラッシュカードとは幼児教室で必ず出てくる絵が描いてあるカードで

これをすごい速さで繰り出しながら「くるま 自転車 新幹線 機関車・・・」

とか読み上げていくんです。大人もぽかんです。

でも「子供の脳は凄いから理解できてるんですよ」っていうんです。

そんな証拠どこにあるんじゃいと思いながらハァと曖昧に終わらせます、毎回。

 

で、それをやると子供がぽかんとしてるんです。特に反応はない。

いやぽかんとしてるならまだいい。

要らん刺激なのに避けられなくて受け止めてたら怖いなと思ってました。

本を読んで、やっぱ無理にフラッシュする必要はないかもなと判断できた。

それよりちゃんと寝て、ちゃんと食べよう…。

 

子供の脳みそ、どうしたらいい??とお考えの方には参考になると思います。

私はKばーちゃんやSじーちゃんの本より納得できました。

たぶん私も夫も、子供にあれこれ教えて賢くすることより

子供が自分で必要なものを取りに行く力を重視してるから、かな。