読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やのひろです

気になるあれこれ

【イベント】ABE-GIG(アベギグ) あ、安部礼司 日本武道館 感想

こんにちは、やのひろです。

 

大人気ラジオ番組「あ、安部礼司」の

10周年記念イベントABE-GIGに行ってきました!

 

f:id:trombone-xeno:20151006155534j:plain

あ、安部礼司」とは!

TOKYO-FMで10年前から放送されている大人気ラジオドラマ。

平均的なサラリーマン安部礼司(average)とその仲間たちが織り成す

勇気と成長のコメディ、である!詳しくはウィキをチェック!

 

ラジオ番組、しかもラジオドラマの番組が

10年も続くなんてすごい!!!と思う反面

なんだか日曜日にはもうずっと安部くんがいるようで

まだ10年だったんだ?というような気もします。

 

安部礼司10周年!

真剣に聞き出したのはここ3年くらい。

でももうずっとやってるイメージなので

10年凄い!とまだ10年だったんだ?という感じ。

 

私はもともとラジオが大好きで

一時はラジオ番組を作る側になっていたこともあります(^^;

何故かラジオは”繋がってる感”があるんですよね~。

テレビやインターネットでは感じないのに、ラジオでは感じる。

中の人と繋がってる感じ、リスナー同士が繋がってる感じ。

 

この日はその、繋がってる感じが

さらに増幅されて武道館に充満しました!

 

飯野君のプロポーズで、最高の繋がる体験

話題の一つになったのは飯野くんのプロポーズ問題。

前後の放送でもこれが最大の課題でしたね(笑)

安部くんの後輩、飯野平太!

一世一代のプロポーズは果たしてOKされるのか!?

 

飯野君には2つの脚本が用意されていました。

サトミちゃんがオッケーしてくれる赤い台本と、

断られちゃう黒の台本。

どちらがいいか選ぶのは観客の拍手、という趣向です。

 

赤の台本が良い人!→パチパチパチパチパチ!

黒の台本が良い人!→パチパチパチパチパチ!

 

えぇぇぇぇ、同じくらい!笑

出演者のみなさんも「俺たちが練習してきた流れと違う!」

ふふふ、安部礼司リスナー、結構ブラック。

飯野くんには不幸が似合うよね(^^;

 

そんなジョークの分かるリスナーや

出番を間違えた安部先輩を乗り越えて

(出るべきところで出てこなくて安部くん土下座。武道館で土下座)

飯野くんは無事にサトミちゃんにプロポーズをOKされました!

 

そこで現れるゲスト、平原綾香さん!

歌い上げられるjupiter!

 

この時はなんか・・・不思議な感覚でした。

平原綾香が武道館で披露してる生歌を聞いてるんだけど

ライブを聞いてるというのとはちょっと違う。

 

あのいつもの、ラジオドラマの途中に流れる曲を

いつもより豪華に聞いてる感じ。

飯野くんとサトミちゃんの紆余曲折、

横浜で東京タワーデートが成功したあの時(ややこいな)から

今新しい段階に行くことを決めた二人の気持ちが

jupiterに込められてるようで、繋がってるようで。

 

平原さんの歌を聞きながらあの日の横浜を思い出してました。

実際はjupiterとあの横浜関係ないのにね。

jupiterが飯野君たちの物語の一部として響いたようです。

 

しかもね、それが武道館中に満ち満ちてるのですよ。

私はスタンドでしたから少しステージから目をそらせば

一緒に聞いてるたっくさんのリスナーさんが見えました。

 

あー・・・いつもは見えないけど

いつもこうやってみんなでラジオ聞いてるんだな・・・

車で旦那さんと二人で安部くん聞いてるときも

実は全国にいるこういう人たちが同じように聞いてて

飯野頑張れとか刈谷いい奴だとか栄えるのじゃとか

思ってるんだなぁ・・・って。

 

「繋がってる感」がいつもより10倍くらい増して

しかも目で見えている!という体験でした。

 

f:id:trombone-xeno:20151006155608j:plain

 

高校の同級生と思い出を語るような感覚

水曜どうでしょう」はなぜ面白いのか。

放送が終わって10年以上経つのにどうして繰り返し見るのか。

ファンが集まるとあれこれと花が咲くのか。

 

私は、あの番組は高校の修学旅行のようだから、

と思っています。

それも視聴者も一緒に行ってる修学旅行。

 

あの時アイツがあんな事してさぁ~(^^)

あぁ、覚えてる!あれは笑ったよなぁ~(^^)

っていう同級生との思い出話に似てるんです。

みんなが同じ事を感じた体験として記憶に残ってる。

水どうは、終わらない永遠の修学旅行ではないでしょうか。

 

今回のABE-GIGで、

もしかしたら安部礼司も同じなのかもしれない、と思いました。

 

安部くんは独身だった。

優ちゃんと結婚して、子供に恵まれた。

刈谷はちょっとマヌケだけどやっぱカッコよくて

ついに飯野君も結婚する。

 

まるで大勢で同級生たちの人生を共有してる感覚です。

 

小説のように短期間に、読者それぞれが感じるのではなくて

10年かけてリスナーがほぼ同じ時間に共有してきた物語。

毎週1回全国規模の飲み会が開催されてて(出入り自由の)

そこで安部くんたちの話を聞き合ってきた感じ。

 

安部くんたちが10年歩んできたのと同時に

自分たちも参加して、共有して、応援してきたものが

この日一気に花開いたようでした。

 

10年かぁ・・・しみじみ。

 

いつか時が過ぎたら

この日の武道館も思い出の一つとして懐かしく語られるのだと思います。

あれは楽しかったよねぇって。

その時はまた集まって、みんなと一緒に新しい思い出を作りたいです。

 

f:id:trombone-xeno:20151006155657j:plain

 

 最後に。緒方恵美さ~~ん!

私は小学生のころから緒方恵美さんのファンです。

ラジオを聞き、雑誌を読み漁り、ファンレターを書く

普通の小学生オタクでした。

 

なので大好きな安部礼司に緒方さんが出演されるとは

もうほんとにビックリ!好き×好き=WOW!な出来事でした。

 

今はエヴァを追い続けてる程度で

アニメもあまり見ていないので

生の緒方さんは・・・何年ぶりだろう?

しかも安部くんと絡むなんてどうなるのよ!とワクワクでした。

 

緒方さんは未来からやってきた少年役。

安部くんの10年後、2025年を変えるべく奔走しました。

 

未来の少年、緒方さん、途中出て来たセリフ「父さん・・・!」

んんっ、これはシンジ君かな??(^^)

 

安部スタッフさんがエヴァを意識した脚本を書かれたのでしょうか。

個人的にはシンちゃんを思い出すシーンが多くて嬉しかったです。

そして同時に久しぶりに蔵馬にも会いたくなった(笑)

 

安部ファンとしてだけでなく

緒方さんファンとしても喜ばせていただいて

気持ちがホコホコと暖かくなるイベントでした(^^)

安部ファミリーのみなさんありがとーーう♪

 

それではまた!