そーなんだぁ(って思うこと、思いたいこと)

30代1児の母。考えてること、学びたいことなどなど。子供と一緒に学びを深めたくて試行錯誤(異:教育)

絵本で身に着けようロジカルリーディング

どうしたら子どもの読解力を育てられるか?

今思えばラッキーなことに、数年前たまたま、国立情報学研究所新井紀子先生のセミナーに参加しました。そこで「子供たちは教科書を読めていないのでは」という仮説を聞き、自分もリーディングスキルテストをやってみて、これはマズイ、私って教科書読めてなかったのか、今の子供が読めてなくても不思議はない、と衝撃を受けました。

 

この話は後日さらに深い内容が出版されて大変話題になったので、読んだ方も多いのではと思います。「AI vs 教科書が読めない子どもたち」です。

そこから、「どうやったら文章が読めるようになるのか?」というのが一つの大きな課題になりました。読み聞かせか?脳科学か?なんだかんだ!?と模索してる中で、巡り合ったのはつくば言語技術教育研究所三森ゆかり先生です。三森先生は「思考を論理的に組み立て,相手が理解できるように分かりやすく表現すること(WEBサイトより)」という言語技術を子どもから大人まで幅広く教えている方です。

 

この先生の話は参考になる気がする!なにか子供でもやれることはないかな?と探して見つけた本がこちらです。「絵本で育てる情報分析力」 

絵本で情報分析んで読解力を育てよう!

絵本で情報分析なんて、字面だけみるとものすごい教育ママみたいだ..。と我ながらちょっと思いました笑 けど!タイトルだけで避けちゃうのは勿体ない、とっても参考になる興味深い一冊でした!

新井先生は読解力を高める方法として具体的なものを挙げてはいませんでしたが、私はとりあえずこの三森先生の本を意識して息子の読解力が身につくよう頑張ってみようと思いました。

私がこの本を読んで感じたポイントはこちら

・欧米には読書技術という学びの分野があり、そこで情報の得方を身に着ける

・日本は文字が読めれば情報も理解しているとみなすが、そこは決してイコールではない

・欧米では絵本を読むときに質問を挟んで、子供が本の内容を理解したか確認する

・日本の感想は感情的、欧米の感想は分析的

・日本の家庭でも絵本を通して情報分析することができる

・絵本のいいところは感受性や想像性、言語技術の向上、それに加えて観察力や分析力を養えるところ

 

日本の家庭でもできる!というところに希望を感じました。

この本で紹介されていた絵本をさっそく何冊か見てみたところ、さすが、どれもとても面白かったです!特に三森先生もおすすめされている「みえないさんぽ このあしあとだれの?」は、文字がないからこそ想像力を刺激される内容でした。「これはどうしたんだろう?」「ここにあった板がなくなったね」なーんて、いつか子どもと話しながら読みたいなと思ました。もしかしたら私が想像するのとは全然違う世界を、息子が見せてくれるかも...。

 

こう書くと、なんだか難しい事のように感じるかもしれほせんが、やることとしては特別なものではないと思います。一緒に楽しく絵本を読んで、これはどうだろう、あれはどうだろうと会話する、というのが基本的なものです。ただそのやり方にコツがあるよ、という本でした。

 

正直、言葉の問題はとても難しいと思っています。日本語で日本式に味わうものと、英語で欧米式に理解することが違うから。大人でもこのダブルスタンダードを両立するのは厳しいですから、まして子供は・・・と。

子どもも、絵本で欧米的な情報分析をすることで、もしかしたら「あいつの発想なんかヘン」みたいなことになるかもしれません。けれども、長い目でみたときに、しっかり情報分析できた方がお得と思って、こつこつやってみようと思ってます。

 

なにより、子供と絵本の世界をたっぷり冒険できそうで、それがとても楽しみです(^^)

探求型学習のいまを見る クエストカップ全国大会にいってきた

2019年2月16日、立教大学で閲催されたクエスカップ2019を見に行ってきました。

f:id:trombone-xeno:20190219065652j:plain

エスカップとは!

→クエストエデュケーションが開催している、探求型学習の全国大会です。

エストエデュケーションとは!

→学校や企業に探求型の学びを提供している企業。私調べではこうした企業は東京に3社あって、そのうちのひとつ。ちなみに他の2つはa·schoolと探求学舎(他にもご存知でしたらぜひ教えてください)

 

日本でも対話型·探求型のプロジェクトの学びはできないものか?を個人的に探してる私としては、前々からクエストエデュケーションに興味がありました。行けてよかった!

企業ごとの課題にチームで取り組んでプレゼン

エスカップを簡単に説明するとこういう事のようです。

1 :学校別に4-5名10グループをつくる(課題によっては個人も可?)

2:どの課題に挑戦するか決める

3:チームごとに課題に取り組み、スライドにまとめる

4:ますは資料 ベースでの予選

5 :予選に通るとクエスカップでプレゼンできる!

北は山形から南は鹿児島まで、本当に全国の中高から参加があり、盛り上がってるんだなーという印象でした。

私が見に行った2019年版の企業とその課題を、一部ですけど紹介しますね。

パナソニック:一人ひとりの幸せと共によりよい社会を実現するパナソニックの新製品を提案せよ!

富士通:思いもよらぬものがつながることで生きる歓びがあふれ出す新サービスを提案せよ!

テレビ東京:突き上げる思いが世界を動かすテレビを超える、テレ東大作戦を提案せよ!

また、企業とは別に人物史や個人史といった部門もありました。

f:id:trombone-xeno:20190219065624j:plain

内容もスタイルもいろいろ。中高生たちのプレゼン

同じ条件で取り組んでいても、発表内容やプレゼンの形がいろいろあって、どれも楽しく聞きました。そんな風にいくつか聞いた中で、私と夫がみつけたポイントがあるのでご紹介します。

1:身近な課題からスタートしているか

「自分が困っている〇〇」から始まっている話は、やはり説得がありました。解決したいことやツールの使いが具体的で。人種差別とか妨の過疎化もテーマは素晴らしいのですが、やはりどこか遠い話なのか、もうちょっと踏み込んだとこまで聞きたいなという印象でした。

2:本当に中高生たちの中からでている考えか

1と少し被りますね。プレゼンによっては大人や企業に寄せたようなものもあったんです。本当に、子供はとても賢いですね…大人はどういうことを好みそうかよくわかってるなと…。でもこれは中高生が事業計画を立てるわけですから、大人が集まって考えても決して出てこないような「はっ!」というアイディアの方が輝いてました。

 

実は偶然、今回参加していた企業の中に、私がサイト制作を手伝った会社が1つありまして、中高生たちはそのサイトから情報を得て企画を立てていました。サイトを作った時は、何億も動かすような巨大プロジェクトを想像して作ってたのが、プレゼンでは中高生の身近な問題解決に使われていて、とてもとても、本当にとても、楽しかったです!!!そうか、あの商品はこんな風に使えるのかと。私としても遠くのビジネスで何億も動くより、隣の学生さんの悩みが解決される方が、サイトを作ってて甲斐を感じました(^^;

3:カンペを見ないで客席に問いかけているか

私はTEDの動画を見るのが好きなので、ああいう客席と空間を共有しているスタイルの方が自然に感じます。発表の中には手元のレジュメをじっと見ていてあまり顔を上げないチームもありました。せっかく一生懸命考えてきたアイディアなのだから、最後は自分を信じて、相手に届けるようにするともっと良かったんじゃないかなと思います。

 

こうしてみると···やっぱり我が家が繰り返し重視している「本人の中にモチベーションがあるか」がここでもポイントだったなぁと思います。

答えがない問いに、チームで挑む

出来上がったプレゼンだけを見ると、こんな風に偉そうに素人講評できてしまいますが(恐縮です)ここに至るまでに中高生がどれほど苦労したかと想像すると、どのチームにも心から柏手···でした。

だいたい、企業のテーマが大きすぎる!笑 「よりよい社会を実現する」とか「生きる歓びがあふれ出す 」なんて、……仕事で考えるとしたら面倒くさいくらい笑

そんな大きな問いに何とかとっかかりを探し、自分たちに引き寄せて、ロジックが通ってるか確認して、しりょうにまとめて話す。うーん、すごいことです。むしろ、正直なところうらやましい!私が学生のころにこういうのあったらやりたかったな~。

 

 

みんな、ほんとにお疲れ様でした!

最後に、運営側に愛のコメント

恐らく無関係な一般客がくることはあまり想定していないのだと思いますが、私みたいにふらりと行っちゃつた人から運営側へちょっとコメントを。ウザったい流れですみません。根が企画運営&サイト制作なもので、どうにもこういうところが気になっちゃうんです(^^;自分だったら、自分が企画したものに改善点あったらお客さんから教えてほしいしね.…

という訳で、こんなところで困ったよというフィードバックです。運営じゃない方はここまで読んでもらっておしまいて大丈夫です。ありがとうございます。

1:大会の全体像が分かる図版があるといい

最初に「こういう事のようです」と勝手に解釈した大会の流れを書きましたが、これが図版で説明されてるとより前提を理解することができました。私がサイト設計するとしたら入れるな~と。

 

2 :ファーストステージとセカンドステージは何がちがうの?

1と被りますが、全国大会がどんなフェーズで進んでいくのかもイメージしにくかったです。恐らくはファーストステージで何かしらの賞を得ると、セカンドステージでもプレゼンできる、ってことだったのかな?1stと2ndでやるプレゼンは同じなのか、2ndに進むとさらに違う内容が話せるのか?とも思いました。

 

3:賞は1日目で決定するの?するならSNSで速報が見たかった

子連れだったので午前中のプレゼンを聞いただけで帰りまして、その後どうなったのかとても気になりました。twitterで検索すると「企業賞を取りました!」という個人アカウントのつぶやきもあったので当日のうちに賞が決まったのかな? (だとすると2ndステージは何なんだろう?というまた別の疑問が…)

もし当日のうちに決まったのであれば、せっかくのSNSですから速報が見たかったです。これを書いてる今も、結果が気になりウズウズしてます笑

※追記※週明けにサイトを見たら結果が更新されていました。

最近雑誌でよく見る「数学体験館@東京理科大学」に行ってきた

週末、東京方面にでかけたついでに、前から気になっていたところへ足を延ばしました。東京理科大 数学体験館!

最寄り駅は飯田橋東京理科大の奥の方にあるこの建物です。

f:id:trombone-xeno:20190219060318j:plain


その地下が数学体験館。

f:id:trombone-xeno:20190219060316j:plain

館内は撮影禁止だったのでリアルな写真はここまでです(^^;

最近、学びに関する記事をよむと、ここがよく紹介されてますよね。私も雑誌で見て、一度行ってみたいなと思ってました。私自身は数学とは15歳でお別れしてしまったので、子供に「理数系を目指して!」なんて言えた義理はないのですが笑将来彼が数の世界に目覚めた時、せめて一緒に楽しめる選択肢を持っておきたいな、と思って気になってました。ではさっそく中へ!

正直期待していなかったけど楽しい!(ごめんなさい)

最初に謝っちゃおう、ごめんなさい。タイトルの通り期待してませんでした。前に行ったリスーピアの方が気合感じるし、大学についてる施設だし、無料だし・・・。

なのでかるーい気持ちで、ちょっと様子見てかえろうくらいの感覚だったのです。

が!

面白くて結局は閉館ギリギリまでいました。自分たちでもびっくり。

東京理科大の学生さんたちが解説してくれる

なんでそんなに面白かったかというと、学生さんたちが丁寧に説明してくれるからです。例えばこの装置。

f:id:trombone-xeno:20190219061106j:plain

どの曲線を落ちるボールが一番早いでしょう?というものなんですけど、これ他の施設でもみたことあるんです。ただ、そこでは「一番早いのはサイクロイド曲線です」という説明書きがあるだけで、「へ~、そうなんだ」で終わっちゃいました。そこでは私も子供のころよく遊びましたけど、何も考えずにひたすらボールを落として遊んでた記憶が (^^;

 

それが!ここだとよく理解してる学生さんに質問しながら観察できるんです。

「どうしてサイクロイド曲線が一番早くなるんですか?」

「ほんとだ!楕円の曲線は後半でスピードが落ちますね」

サイクロイド曲線と楕円を1/4切り取ったものは何が違うんですか?」

などなど。

自分だけでは興味も持てない、解説文だけじゃ理解できないことが、学生さんたちのおかげでよくわかります。これはそういう装置だったのか!と子供のころからのモヤモヤが晴れました。

対話を通し、手で触れながら学ぶことができる

やはり、学びの基本は対話なんだなぁと実感できました。

オランダやフィンランドなどの教育先進国では対話を重視している。とは本で知ってましたが、なかなか日本でそれを体験できる場面がなくて。2020からアクティブラーニングを本格化しようと頑張ってますから、これからなのかもしれませんけどね。

 

装置があって、観察して、自分なりに考えて、理解してる人に聞いて、質問と会話を重ねて、なるほどそういう事だったのかと思う。このプロセスを経た方が、自分で解説文読んだり、一方的に説明されるよりずっと自分に入ってきました。

 

また、ここの学生さんたちがみなさんとても楽しそうで。そこもよかったです。

 

3人の学生さんから解説を聞いたのですがみなさん「子供のころから図形が好きだった」「遊んでるうちに掛け算ができた」などなど、この世界が好きだというのがにじみ出ていて。私もその世界気づいてみたかった!笑 数学の楽しさにこの年まで目覚めずに来てしまった私には、ちょっとうらやましくも見えました。

 

それから、手で触れて学べるのもよかったです。さすが「体験館」。前に行ったリスーピアは、パナソニックがやってることもあって、スマホのようなデバイスや大型モニターなど、基本的に画面を見てました。(ちなみに、それらのデバイスが説明してくれるので誰かに説明してもらいたいという必要がなくて、自然と質問も浮かびませんでした)

あれはあれで、すごく大きな仕組みについて学んだり、とても長い時間のことを考えたりと、デジタルならではの良さがありましたが、数学体験館のように、昔からあるような道具で数の世界を見てみるのも面白いなと思いました。両方をうまく使うといいかもしれませんね。

小学校低学年くらいから楽しめそう

うちの子は小さすぎて(1歳半)、たくさんある数学の道具を目的通りに触れず、

大人の方が楽しんじゃったのですが。恐らく小学校低学年くらいから、もしかしたら幼稚園くらいから?楽しく遊べるんじゃないかと思います。

 

説明してくれる学生さんたちも「僕たちも、こうしていろんな年齢の人に説鸱するのはいい経験なんです」とおっしゃってました。ありがてぇ...。小さいお子さんでも質問したら、きっとわかるように答えようとしてくれると思います。

 

最後に、今回話した学生さんたちがみんな言ってた言葉をシェアします!

みんなあまりにも楽しそうに話してくれるので「子供のころから算数が好きだったんですか?」と質問したときの答えです。3人とも同じようなことを言ってました。

 

「無理やりやらせちゃダメです。僕も自分で数の面白さに気づきました。気が付いたときから勝手に学ぶと思いますよ」

 

・・・だよね !

あくまでも本人の発見にゆだねて、そっとそれらしいオモチャを置いておく程度にとどめたいと思います(^^; 

姪っ子たちに頼み込んでキッザニアに連れてってもらった

キッザニアに行きたい」

できた時からそう思ってました。だって、なんか楽しそうなんだもん!

それと キッザニアが提唱する"エデュティンメント"に興味がありました。エデュケーション(教育)とエンタテイメント(楽しみ)の融合という意味の造語です。この2つをどう実現しているのか、キャリア教育としてはどうなのか、気になっていたんです。

 

しかし!

 

キッザニアは3歳以上のお子さんしか体験することができないのです!我が家の大人2人と幼児で行っても、無意味!

 

という事で小学生の姪っ子たちにお願いしました。

「おに姉(こう呼んでもらってる)をキッザニアに連れて行ってください」

「行きたい!やったー!!!」×2

姉は喜ぶ姉妹をニコニコ見つめながらも早くも気合を入れていました。

「4時起きだわ… !」

えっ、そうなの、そんな気合がいるものなの?と叔母家族はおどろきつつ…。

 

いざ行かん、キッザニア東京

予告通り4時に起きて出発した姉家族に、我が家はのんびり合流しました。そして行列にびっくり。開園前にこんなに並ぶのかと…。しかし早々と並んだおかげで、姪っ子達は希望通りのアクティビティに挑戦していきました。

 

フライトアテンダント

警察官

はとバス

ラジオDJ

などなど・・・

 

体験するごとにカードが集められるらしくて、二人ともほくほくでした。

大人も近くで見守れる&ベビールームもあるよ!

私はてっきり、大人はガラス張りの部屋から子供の様子を見守るのかと思ってたのですけど、子どもと並んでキッザニアの街を歩くことができました。ただし、体験中のアクティビティに付き添うことはできないので、その時は遠くから応援。

そして息子はまだ0才だったので途中で離乳食が必要でした。途中で姉家族と別れてベビールームへ。

離乳食の販売もありますよ。ここで息子は少しあそんで、楽しく過ごせました。

 

 

 

 

エデュティンメントは…あったのかな?

そんなこんなで時間いっぱい楽しんだ姪っ子たち。大変満足そうでした。姉も予想以上に多くのアクティビティができたらしく、気合の甲斐がありました。

 

そう、とても楽しかったのですけど。

学びは・・・どうだったのかな?

 

例えば「こんな仕事もあるのか」「あの仕事はこういうものだったのか」という発見はあったかもしれませんが、学びというにはちょっと浅いような。学びだ、というなら。最近よく「生きる力」と言われるようなものを使う場面が欲しいと思うんです。表現力とか対話力とか、そういうようなものですね。

実際に姪っ子達がアクティビティに参加してるときは、先ほども書いた通り近寄れないので、もしかしたら現地ではそういう場面があったのかもしれませんけどね。少なくとも見てる限りでは、設定された通りの動きをなぞっているように感じました。

 

ゲーム性とキャリア教育

行く前から姪っ子達が興奮して話してくれたのは、体験するともらえるカードのことでした。

「これがね!前に行ったときのやつでね!」

「あとフライトアテンダントのが欲しくて!」

「それでね!」

かわいかしまし♡

 

こういう「子供が遊びながら学ぶ」という場面では、必ずと言っていいほどゲーム性があります。集めたくなるカードや正解したくなるクイズ。確かに子供の気を引くための最初のフックとして、そうしたものは使いやすいでしょう。

 

でもそのゲーム性が、その先の学びへうまくブリッジしてくれている例をあんまり見たことがないんです。最初のゲームは楽しむのだけど、その先の学びは遠慮気 というケースの方がよく見ます。

今回の姪っ子達のキッザニアでも、「目的の体験ができてカードがもらえた」というところに重きが置かれていたように感じます。

叔母さん「これをキッカケに、仕事が身近になったり将来のことを考えるようになるといい」と思いましたが、姉は「いきなり何かにつながらなくてもいいの。いつか何かに引っかかれば十分よ」と言ってました。

 

どうなんでしょうね。

キャリアについて考えるような体験がしたい。は楽しくお仕事体験できれば充分。

なたはどちらを期待しますか?

 

リタリコワンダーのワンダーメイクフェスにいってきた

リタリコワンダーという会社が主催したイベント、ワンダーフェスに行ってきたよ。

 

f:id:trombone-xeno:20190217063446j:plain

 

リタリコワンダーについて、詳しくはこちらをどうぞ↓

 

小学生からのプログラミング教育、どうなる?

 

私は2020年から始まる小学校でのプログラミング教育を疑っています。なので「民間のプログラミング教室ってどうなんだろ」「いまプログラミングやってる小学生ってどんな感じなんだろ」というのを知るために行ってきました。

 

f:id:trombone-xeno:20190217063515j:plain

会場は日本科学未来館

 

小学校1年生からプログラミング!?

会場は人であふれかえっていて、ブース展示の会場にはほとんど入れなかったのでプレゼン会場に向かいました。ほんとは一つ一つのブースをじっくり見て、作者さんに質問とかしたかったな~。

 

プレゼン会場ではその名の通り、子供たちがステージに立って自分が作ったゲームをプレゼンしてました。

f:id:trombone-xeno:20190217064108j:plain

私が見た最年少は小学2年生の子で、「1年前から通っている」とのことだったので、小学校1年生から通ったということなのでしょうね!

そう思ったら一瞬「そんな早くから!」と思ったけど、小さいうちにやってみて楽しければ続ければいいだけだしなぁ。そう思ったら小学校1年生からでも早いこともないのかな?

プログラミングのモチベーションはなんだろう?

プレゼン資料も子供たちが作ったものだったので(一部大人が手助けしたのかもしれないけど)お子さんによっては「ハテナ?」と感じる内容もあり、それも含めて楽しむ場でした。

 

ただ、もうちょっと子供たちのモチベーションを知りたかったなぁと、そこだけ残念でした。

 

プログラミングは、何かしらの想いや熱意を実現·解決するためのツールだから「こんなもの作りました」よりも「こういうワケで作りました」の方が大事だと思ってます。

 

どの子もそれぞれこだわりを持ってゲームを作っていて、「こんな小さいお子さんがゲーム作ってるなんて!」という驚きはあったので、そこでさらに、どうしてそれを作りたかったのか、その過程でどんなエ夫や妥協をしたのか、そのあたりを知りたかったなと思いました。(だからこそ本人たちともっと話したかった~)

 

 

 

プログラミング教室のよく言うセリフ「やりたいことをやる場所です」

プログラミング教室の方と話す機会があるときは「カリキュラムはあるんですか?」と聞きます。ここで「あります」と言われることはまずありません(もし言われたら、その教室を頭の情報箱からそっと消します)たいていは「子供たちがやりたいと思ってことを実現するよう手助けします」と言われます。

 

問題はその「やりたいこと」をどうやって引き出してるかってとこ。そこを知りたいんです。

 

私たちは「やりたいこと」を見つけるのがド下手です。それは子供のころから繰り返し「我慢することが大切」と教えられてるからだと思います。先日このnoteをみて、長年のこの感覚がするっと整理されました。やはりさんざん我慢の訓練をしてたんですねぇ。

 

そしてプログラミングです。

 

「やったことない、何それ?」という人がプログラミングでやりたいことなんて、あるでしょうか?私はないです! (きっぱり)なぜならプログラミングが何なのか分からないから。何ができるか分からないから、コレがしたいと発想できない。無念。

 

子どもも同じです。「我慢はいいもの!」という社会で数年生きている上に、プログラミングが何なのか分からない。そんな中でどうやって、どうして、どんな風な「やりたい」を持ったのか、ここが一番知りたい。将来子どもがグラミング教室に通うことになるなら、ここをどうサポートしてるかで選びたい。

 

クラッチを作ったミッチェル・レズニック氏も著書の中で言ってました。遊べと。創造性は遊ぶ中で生まれるのだと

 

 

これからもプログラミングのモチベーションに注目しながら情報収集していきたいです。

 
★おまけ★
 
会場にLOBOT(ラボット)ちゃんがいました。今話題の”何もできない、ただ可愛いロボット”。抱っこしてみると・・・あったかい!腕も、本当に人間の脇関節のように滑らかにうごいて、生き物を抱いているようでした。大きなくるんとした瞳に上目遣いで見つめられると・・・「かわいいっ!」を連発してしまいました。

f:id:trombone-xeno:20190217072951j:plain

幼児が幼児みたいなものを抱っこしている・・・!

 

あと、私と夫がいちばん興味をもったのは、3Dプリンターです!

f:id:trombone-xeno:20190217073112j:plain

立体が作れるらしい、とは知ってましたが、実際に出来上がるとこを見たのは初めて。素材はどうなってますか?中は空洞ですか?どれくらい時間がかかりますか?などなど、たくさん質問して二人して大満足でした!

 

フラワークラフトでクリスマスリースをつくったよ

縁あって、またまたフラワーアレンジのワークショップに参加してきました!今回は「クリスマスから年明けまで飾れるリースがほしい」とリクエストさせてもらって。先生は前回とおなじくアールフラワークラフトのRENAさんです。

先生のfacebookはこちら

今回の材料はこちら。今回はプリザーブドではなく、アーティシャルフラワー(造花)でした。

f:id:trombone-xeno:20190221065247j:plain

まずこの緑の芯にゴールドのリボンを巻いていったのですが…緩くならないようにときつくまいたら、足りなくなってしまった!途中リボンをグルーガンで止めていたので、巻きなおすこともできず!「なんとかしてこの隙間を隠さなくてはならない」というマイナスを背負ってのスタートになりました笑

本当なら大ぶりなお花から配置を決めてバランスをとるのでしょうが、そんなわけでリースのてっぺんを誤魔化すことから着手。小さいお花をそれとなくおいて あとリボンも大胆において...。

なんとかてっぺんが隠れたところで、ようやくお花の配置に!やっぱりここが一番楽しかったです。置き方で雰囲気が全然変わるので、自分好みの配置を探して、ああでもないこうでもないと。

そして出来上がったのがこちら!

f:id:trombone-xeno:20190221065712j:plain

リボンが足りなかったのもうまくごまかせてる・・・でしょ?笑

そして今回も3人で全然違うものができました。

f:id:trombone-xeno:20190221070147j:plain

素材は同じなのに、個性がでますね~。家に帰ったら早速飾りました。一気にクリスマスっぽくなったぞ~ !可愛くできて、大満足です(^^)

低学年の子どもと読みたい 外国を知るキッカケ絵本 ナージャの5つの学校

こんにちは、やのひろです。今回は絵本を紹介します。「ナージャの5つのがっこう」キリーバ・ナージャ著 絵も可愛いです♪

 

続きを読む